最近のヤフー動向

今朝の話になりますが、毎日確認しているGRCの順位チェックツールに、ほんの少し(本当に僅かな動きです)ですが異常を見つけました。他の人はどのような基準で自社サイトを管理しているのか分りませんが、私の場合、運営中のHPに対してSEOを施す場合にはビジネスサイト以外でまず試して見ます。

そのために使っているのが、初めて作ったホームページで、現在のタイトルは「小説の書き方」となっています。URLはhttp://homepage2.nifty.com/suemoritakumu/と成っており、未だ無知な頃でしたからオリジナルドメインでは有りません。ですが基本的なSEOやSEMをこのサイトで勉強したので。個人的に強い思い入れのあるHPとなっています。

このサイトは「小説の書き方」あるいは「小説 書き方」と検索すればすぐに見つかりますが、今朝の調査では「小説の書き方」とヤフーで検索した場合に、「http://homepage2.nifty.com/suemoritakumu/abc6.html」の方が先に表示されていました。

この状態は俗に言う「TDP(トップページ・ダウン・ペナルティ)」でして、本来表示されるべきURLではないURL(つまり狙っていないページが表示される)が検索結果に反映されることになり、あまり好ましい状態とは言えないわけですね。ですので多くのサイト運営者の方はTDPを怖がる傾向にあります。

ここで重要な事は「TDP」はまったく怖くない、という点と「TDPから早期に復帰する手段」を知り、その方法が自らの手で施す事が可能になっていないと駄目!! という2点です。特にどうすればTDPからの復帰が出来るのか? という面は熟知していないとネットビジネスを考える上で大きなハンディを背負っていることになります。

という訳で、せっかく神様が与えてくれたTDPですので、この状態から無事に復帰できる方法を施行したいと思います。その上で、この手法をぜひとも皆にも覚えていただきたいと考えます。という訳で本日の記事は終了、文責は末森拓夢でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)