TDP脱出

昨日「小説の書き方」というサイトがTDPになりました。と書き込みましたが、実際問題として、TDPと言う状態は怖くも何とも無い。事実、暇ならばヤフーで(グーグルではなく)小説の書き方と検索していただければ既にインデックスページが上位に表示されています。

そもそも誰が言い出したのか、分りませんがTDPなんていう症状は、正式なものでありませんで、ある種の症状がたまたまTDP(トップページ・ダウン・ペナルティ)と表現すると説明しやすいから何処かの業者が言いだした表現で、対応策さえ知っていれば怖くも何とも有りません。

ただ、もうそんな知識は不要になると思います。ヤフーがグーグルのデータを使うようになるからで、そうなるとこれまで言われていたTDPと言う症状はなくなると思います。但し今後はグーグル特有のバグみたいな症状に悩まされると思います。

グーグル特有の症状とは、ある日突然検索結果に反映されなくなり、ある日突然復帰するという、何とも悩ましい状況なのですが、これが困った事に何が原因なのか今もってまったく分らない。

もちろん私のサイトでも成った事があります。今日現在「アクセサリー」と検索すれば13位付近に私のホームページが表示されています。このページが一番厄介で表示されたり、表示されなくなったりを繰り返しています。

知人サイト(この場合の知人とはネットを通じて知り合った知人)でも多々起こっており、その度に相談を受けたり、あるいは個人的に勝手に調査したりするのですが、今もって、その要因がつかめておりません。

またどうすれば復帰するのか?これもあまり分っていないのですが、ある日突然復帰します。という訳で、これまでに怪しいと思った要因を幾つか並べておきましょう。

1,アドセンスの上に「広告」などの記述が無い
2,記事の更新を怠っている
3,被リンクが増えない。
4,キーワードの詰め込みすぎ
5,リンクを多量に買っている

とまぁ誰にでも思い当たるような事しか分らないのですが、ヤフーの場合と比較した時、復帰させるのが格段に難しいので、大変と言えば大変です。ですのでまずは陥らない事が重要だと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)