プラグイン

ワードプレスでサイト運営をしている方はプラグインと言う機能をご存知でしょう、ですがあまりにも多くのプラグインがあり、どれを使うと便利なのか、迷う要因と成り得ます。

そこで個人的に使っているプラグインを一覧表示で紹介しています。今一番困っているのが「スパムコメント」です。読者との交流を図りたい、あるいは読者からの質問を受け付けたい。そんな時に使えるのがコメント機能ですね。

ところがこの機能を有効にしていると迷惑コメントが(特に英語圏からの)びっしりと書き込まれます。例えば2014年6月30日の時点で900件以上のスパムコメントが書き込まれています。自動スルーに設定していましたが、改めて認証コード欄の設置を致しました。

コメント欄に認証コード入力欄を設置できる。SI CAPTCHA Anti-Spam…現在は使っていません

All In One SEO Pack

ワードプレスに独自の観点で検索エンジン対策を施す場合に必要となる項目を増やすことができる。

Crazy Bone (狂骨)

このプラグインは、ログイン・ログアウト時のユーザー名、日時、IPアドレス、ユーザーエージェントを記録します。不正にログインされて、ワードプレス内を書き換えられないようにログインを試みるハッカーの監視を行う

Throws SPAM Away

スパムコメントを無視して何もなかったように捨てる強力スパム対策プラグイン。コメント内に日本語が掛かれていない場合にはコメントを受け付けないように作動する。また、ダミー項目による判定(スパムロボット対策)  空のダミーフィールドを生成しJavaScriptでの制御を行うことでスパム判定します。(停止も可能です)

※スパムプログラムによる投稿に有効です。実際に入力しようとしてもその項目は見えないようになっています。  [設定にてON/OFF出来ます。]

Breadcrumb NavXT

パンくずリストを表示してくれるプラグインです。パンくずリストはカテゴリ―やタグ、日付などをベースに表示させることができます。

WP Social Bookmarking Light

このプラグインはTwitterやFacebookといったソーシャル メディアの共有ボタンをブログ内にまとめて設置したい時に便利なプラグインです。日本 で良く使われるはてなブックマークにも最初から対応しています。

StatPress Visitors

アクセス解析用のプラグイン、日本語表示に設定可能で、ページの閲覧者数や、ページビュー数、検索キーワード、参照数など、最低限必要な内容が表示できます。試す価値あり!! 使い方はこちら

Edit Author Slug

投稿者アーカイブページにアクセスされても、表示される URL を変えてしまってユーザー名が分からないようにするためのプラグイン。有効化後に「あなたのプロフィール」より「Author Slug」で表示される名前を変える。私の場合は「suemori」に統一している。これでログイン用のユーザー名を見る事が出来ない。

作業後は削除しても大丈夫らしい…未確認。

DB Cache Reloaded Fix

使わない方が良い、長い期間プラグインの更新を行っていない為。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)