LPOを意識した文章作成

ランディングページの改善を意識した文章の書き方にはちょっとだけコツがあります。一番は専門用語を使わないという点です。いわゆる「業界用語」とでも言いましょう、自分自身では当たり前だと思って、無意識のうちに使っている表現方法です。分りやすい例でいれば「テレビ業界で使われている用語」が挙げられます。

放送に携わる人の間では、普通に業界用語を使っていますし、第三者に分からないように話す事で、逆に優越感を覚えたり、仲間意識が高まったりするようです。ですが業界用語を使い、まったく無関係の人と話をしたらどうなるでしょうか? 想像に容易いと思いますが、会話が成立しませんよね。

それと同じ事で専門用語を使わないように意識して文章を書くことが大事です。どうしても専門用語を使う必要がある場合には、その用語の後に「()」等の括弧(かっこと呼び、文章を記述する上でその中に書かれている一部の単語を区切る為に使う役割を果たす記号を指し、通常は対で使う)で補助的な説明文を追加します。

この様に専門用語を使わずに説明する為には随分と苦労する場面が度々ありますが、中学生に自社商品のメリットやデメリットを説明するつもりで文章を書いていくと楽に書き上げる事が多いように感じています。そうすれば来訪された方の購入意欲も強くなる可能性が高くなります。

難しい漢字は使わない

次に重要な事は難しい漢字を使わない、と言う点です。パソコンが普及している環境では文章作成ソフトを利用して文章を書きますが、漢字に変換する機能は事前にパソコンの能力として備わっています。ですので、ある任意の単語を変換すると、難しい漢字に変換する事も出来ます。

難しい漢字を使うと、賢くなった気分になり、ついそのまま使う事が多くなりがちです。ですが今度は読み手として考えてみましょう。パソコンなどで自動的に変換された難しい漢字は、読む方にもパソコンの能力と同じぐらいの能力を要求するのと同じ意味を持ちます。要するに難しい漢字を読める人は居ないと認識すべきです。

例えば{某」「媒」「媒島」「聟島」「三和土」「襖」「厨」「厠」「厩」「炬燵」「暖簾」「絨毯」等と言った漢字はパソコンが無ければ読めない人の方が多いはずです。もちろんパソコンがありネットにつながっている環境ならすぐに調べることが出来ますが、本来自社商品の説明をする為の文章です。

その中で使われている漢字の読み方が気になるようでは、自社商品に興味を持っていただくことは難しいと言う事になります。ですので文章中に使う漢字は中学3年生程度のレベルと考えて使うように心掛けましょう。無論これらの改善を行えば購入意欲の向上につながるわけですね。

接続詞の勉強って簡単だよ

最後にもう一点、接続詞に注意しながら文章を作成すると読みやすい文章に仕上がります。接続詞とは「を」「と」「が」「の」「に」等と言った単語と単語を結ぶ役割を果たす言葉です。これらを続けて使う人がいますが、随分と読み難い印象になります。

試に手元にある小説を開いてみてください、同じ接続詞が続けて書かれている文章は滅多に出ないはずです。逆に同じ接続詞を使って文書を書いていると思った時には同じ接続詞を使わずに、なおかつ同じ意味に成るように文章を書き換えてみてください。

同じ意味なのに読みやすさが随分と違ってくるはずです。例文を下記に表示しています、少々強引に書いてみましたが、読み比べると接続詞の使い方が重要だと気付かれると思います。さらに句読点の使い方も重要で、読者側の立場になり、本来の意味とは違う捉え方をしない様な工夫が大事です。

悪い例文「文章が読み難い人が共通する事がありますが、その事が理解できる人が少ない事が解らない人がいます

改善した例文「読み難い文章を書く人には共通点があり、その事に気付かず、書かれている人がいます

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)