SEOを意識したランディングページ

ランディングページの改善を行う場合に一番重要な項目になるでしょう。検索エンジン対策(SEO)を忘れてはダメです。以前ほどSEOを強くいう人は減ったようですし、ウェブ担当者もそれほど重要視しない傾向があるようです。

もっと正確に言えば、検索エンジン対策を施したくても何をすれば良いのか解らない。それに専門業者に依頼しても費用ばかり掛かるし、少し前にグーグルのアルゴリズム変更でかなり痛い目にあった。だからもうSEOは懲り懲りだ、というイメージをお持ちではないでしょうか?

確かに検索エンジン対策と一言で片づけられるほど容易な作業では有りませんが、実際に検索エンジン経由でのアクセスは基本的に無料です。そして自社で提供している商品、サービスを求めているエンドユーザーとの結び付きはユーザー側が探す事から始まります。

ユーザーが任意の商品を探す場合にとる方法は検索以外にありません。もちろんSNSなどを経由する場合もありますが、この場合、効率よく集客する方法はありません。認知度を高める、という意味ではSNSに対する広告もあり得ますが、一般的では有りません。

この様に冷静になって考えれば検索エンジンからの流入は非常に魅力的な来訪だと言えます。そしてエンドユーザーに対して求めているアイテムを正しく紹介すれば、購入に至る可能性は非常に強くなるわけですね。

もちろん購入に至るまでの過程を考えたランディングページ作りが重要になるのですが、自社商品の紹介という面+魅力的なランディングページ作り、という意識が強くなればつい検索エンジン対策を意識する面が弱くなります。

もちろん一度に完成させる必要はありませんが、普段からSEOを意識したランディングページ作りを行っていないと、ふと気付いた時点では間に合わない可能性が非常に高くなります。私もページ作りをしている最中はついSEOに対する意識が無くなっている場合があります。

ですがこのような場合でも、文章の見直しをする際に検索エンジンからの流入を考えた文章を追加する形で整えています。そして最近、ある事に気づいた点があり、実行するようにしています。それが漫画ランディングページです。

検索エンジンから見て漫画の中に登場する人物の会話は「検索結果に反映する事はない」という点です。もちろん「alt」の中に登場人物の会話を書き込めば検索結果に反映されますが、反映されると拙い語句は「alt」内に書かなければよいのです。

さらに、自社商品、サービスを紹介する場合に、言葉として表現する事が難しく、なおかつSEO的に不利になりそうな単語は漫画の中に登場する人物の会話として表現すれば、全く問題が起こらない、と想定されます。

もちろん法律に違反したり、マナーを破るような表現だったりするのは社会的にも不利益を被る可能性が高くなりますが、一般的に問題が無い表現であれば漫画でのランディングページは魅力的だと思います。また、漫画+テキストという考え方ですから他社との差別化が図れます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)