ランディングページで画像を駆使

ランディングページの改善で最初に取り組むのは画像の加工だと言えるでしょう。理由ですが、かいつまんで解説します。まず、人はネットをどの様に利用しているのか、その行動をつぶさに観察し、その状況を基にして自サイトの改善すべき点を考えてみましょう。

人は何かの情報を得る為には「検索エンジンを利用して任意の語句を検索」する事から始まります。もちろん最初からSNSを利用する人も居ますし、質問箱で質問する人も居ます。ですがそれらに対応していたら手間が掛かりますのでこの場では省きます。

検索エンジンで様々なサイト(PPC広告の部分も含め)が表示されると、そのサイトの中から自分が求めている情報が無いか、チェックします。この時、多くのサイト(と言っても10数サイト程度です)の中から求めているものを探すわけですから細かくチェックできる訳では有りません。

俗に言う斜め読みの状態でチェックします。なので、文章が多すぎる(画像が全くない)サイトとか、逆に画像ばかりのサイトは大賞として外します。要するに一瞬見て「このサイトは不要だな」と判断する訳ですね。

この時重要なのがキャッチコピーで、一瞬見ただけでサイトの内容を表すように書く必要がありますが、普通のテキストで表現しても他の文章との差別化を図る事が大変難しい。また人間の目線を引き付けるのは一瞬見ただけで判断しやすい画像だと言えます。

昔から「百聞は一見にしかず」と言われるように、自分の求めている情報を画像としてみるのが一番理解しやすいとも言えます。なのでランディングページに使う画像には重要な役割があると認識すべきです。

また画像を使う事によるメリットも考えておくべきです。画像は事前に加工しておけば、その内容を一瞬で変化させることが出来ます。単純に画像を入れ替えれば済む話ですから。入れ替えるという意味ではテキスト文でも同じですが、SEO的なリスクも発生します。

また長いテキスト文では、どの部分で直帰率などのデータに変化が生じたのか、解り難い部分が多々あります。こういった面から考えても画像を利用したランディングページの活用をお勧めしています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)