ライバルサイトとLPの比較

ランディングページの改善を行う上で重要な事の一つにライバルサイトとの比較が有ります。要するにライバル企業数社ほどピックアップしてランディングページの調査を行い、自サイトとの差別化を図りましょう、という意味です。

一般的な比較方法ですが、これは自サイト、及びライバルサイトを単純に第三者の目線で比較するだけの事です。とは言え、第三者の目線として冷静に判断する事は難しいのですが、ライバルサイトの良い面を真似して、悪いと感じる点は自サイトでも排除するという方法です。

ですが最近はウェブ全体のユーザビリティが高くなっておりこれまで通用していた手法では対応が難しく成っているようです。一番の理由として多くの企業が自サイトのデザイン等に対する意識が高くなっており、またウェブ専門企業も技術的なレベルが高くなっている為です。

ですので他社よりも良いデザインに仕上げたくても、現状では技術的な限界に届いている訳ですし、そもそもよいデザインとは何か? という問題にも突き当たっていると感じます。ユーザビリティに対する問題にしても同じ事が言え、他社との差別化が難しい時代とも言えそうです。

そこで重要になるのが個性だと、最近考えるようになりました。他社では取り入れていない表現方法で自社商品、サービスを紹介する訳です。以前は写真の加工を綺麗に仕上げる、という点に拘っていました。ですが今のソフトを使えば素人でもかなりのレベルに加工できる時代です。

そこで谷方法が無いかと考えた結果が「漫画」を使ったランディングページです。マンガなら作家の個性が前面に出ますので、他社にまねされるリスクが減ります。またテキスト文章なら盗用される可能性がありますが、漫画内に描いた文章は盗用される可能性が低い。

この様に漫画を使うランディングページも一つの手だと思います。皆様も独自の手法を考えてLPOに取り組んでみてください。そして漫画LPOに興味を持たれたら、ぜひ私とコンタクトを取ってみてください。

(話しは逸れますが、差別化という単語を嫌う人がいるようで、神経質に記事を書く必要はないと思いますが、一応念の為に差別化という単語に深い意味はありません)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)