キャッチコピーとLPOの関係

キャッチコピーの重要性は既に気づかれていると思いますが、改めてこのページでLPOとの関係などを考えてみましょう。その前に、キャッチコピーの作り方とか、要点などですがこれらは多くのサイトで解説していますので、検索してみればそれなりの答えが見つかる事でしょう。

さて、ランディングページの役割を再認識してみよう。ウェブサイトを運営する目的ですが一般的にはPPC広告や検索エンジンを経由してきた来訪者に対して自社が売り込みたい商品を紹介する(あるいは自分の主張を多くの人に聞き入れて頂く)事が一番重要な事になります。

その際、せっかく自社のホームページにアクセスした人が居ても、すぐに帰ったら(他のサイトに移動したら)意味が無く、逆に考えるとライバル企業に目を向ける結果にもつながります。これらを表す数値を直帰率と呼び、直帰する人が0%なら最高で100%が最悪となります。

一般的なウェブサイトなら直帰率は60%前後だろうと指摘する人が多いようで、この数値は妥当だろうと私自身も感じております。その一方で来訪した人の属性に合わせたランディングページの改善を行えば30%を切るぐらいまで数値を高める事は可能だとも感じております。

自サイトでは様々なテーマで集客をしていますが、直帰率の悪いページだと80%を超える場合もありますが、良いページだと30%を切るページもあります。私の場合、まず集客、という点に力を入れていますので、直帰率の悪いページの方が多いのが事実です。

集客できてからLPOに着手するという方法をこれまで行ってきた結果だと思います。話が逸れてきましたが、LPOとはつまり直帰率の改善だと思って頂ければ分かり易いでしょう。そして直帰率を上げる為にはキャッチコピーが大事です。

通常、ある人物が任意のページにアクセスした時、ほぼ瞬時に「そのページに自分にとって有益となる情報が載っているか」を判断します。その際に「文章ばかりのページ」は「堅苦しい」というイメージを抱き、敬遠する傾向があります。

その一方で画像ばかりのサイトも、情報を得るという意味では意味を持ちませんので敬遠する傾向があります。またよく言われることがFの目線で画面を見る時にはすべての文章を見るのではなくFの文字に沿った目線で文章を読み解く人が多いと結論付けられています。

要するに斜め読みですね。すべてを細かくチェックするのではなくごく簡単に読んで、自分にとって有意義な情報があるか、内科を判断するのです。ここまでくれば重要な事が分かってきます。来訪された方が一番最初に読む(目線が動く)場所に、興味が引くように言葉を並べる。

つまりこれがキャッチコピーです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)