ランディングページの改善/6W3Hについて

ランディングページの改善を図る際に必要となる6W3Hについて説明します。他のウェブサイトでは実商品の紹介がないまま、説明している場合が多く、分かりにくいと感じますので、当サイトでは私が実際に販売をしている「漫画ランディングページ」用の漫画を例に挙げて説明したいと思います。

さて早速ですが、6W3Hに対する基本を抑えておきましょう。以前は5W1H等と言っていた内容ですが最近では商品説明の手法が増え、表現する際の項目として6W3Hの9種類が必要だとされる業者が増えているようです。もちろん実際には本当に必要となる項目は企業によって違います。

このあたりは自社商品を第三者の目線で見て、必要となる項目を選出する必要があります。何が必要となるのか? 改めて認識し、商品やサービスを対象とする人が理解出来る様に文章で(あるいは言葉として)表現する際に必要となる項目だと考えて下さい。

基本的に必要となる項目は以下の9通りです。ごく単純な事ばかりですがいざ、という時に思い出すことが出来ない場合もありますのでメモしておくと便利です。

Who… 誰が
Whon… 誰に
What… 何を
Where… 何処で
Why… なぜ(理由
When… いつ(時期
How… どの様に(手段
How many…どのぐらい(規模
Hou much…いくら(費用

これらを説明すると以下のとおりです。

Who… 誰が≒自社で扱っている商品を購入しようと検討している(あるいはサービスへの申し込みを考えている)対象者、ターゲットと考えましょう。いわゆる実際に対価を払う人を指しますが、漫画LPの場合だと、ウェブ担当者となります。

Whon… 誰に≒購入する人(対価を払う人)が誰のために商品を利用しようとしているのか、という項目ですが、漫画ランディングページなら「自社ウェブサイトを見ている人」になります。自己消費の商品、サービスの場合は不要になります。

What… 何を≒自社商品を指しますが、当サイトで言えば漫画ランディングページです。いかに漫画LPが有益なのか訴える場面ですが、あまりやりすぎると逆効果を招く事は周知のとおりです。

Where… 何処で≒自社商品、サービスを利用する場所です。多くの場合自宅で消費することが多いようですが、たとえば車なら道路と成りますし、登山道具なら山、釣り道具なら海とか川となります。マンガLPOならPCの前となります。

Why… なぜ≒第三者からみて、自社サービスを利用する理由です。購入するに値する理由がなければ、対象者からの購入は見込めません。ですのでなぜ購入する必要があるのか? その理由を説明しなければなりません。

When… いつ≒時期ですが、ネットの場合には「今すぐに欲しい」と言う人が多いようです。多くの消費者は購入意欲があるから検索したり広告をクリックしたりします。マンガランディングページについても「今すぐにLPOを自社サイトに施したい」という方を主に対象としています。

How… どの様に≒エンドユーザが任意の目的を達成するために行おうとしている手段を指し、当サイトの場合は「ランディングページを改善する手段を模索」している企業が対象となります。

How many…どのぐらい≒ユーザーが実際に商品を購入する際の量(規模)の推測です。漫画LPの場合は一枚1000円から購入できますので、ユーザーが運営しているサイトの規模に合わせて必要と考える枚数を購入する事が出来ます。また追加購入も出来ますので、規模に合わせた販売が可能となっています。

Hou much…いくら≒エンドユーザーが商品を購入する際に考えている予算を指します。漫画LPOの場合は実際に使った際の費用対効果をユーザー(購入者)が判定しますので、当方ではユーザーの真理などを考えて販売価格を設定しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)