カテゴリー別アーカイブ: 7、ワードプレスの開設と設定方法

ホームページの基本はHTMLとCSSですが、一般的なサラリーマンがそれらのプログラム言語を覚える事は大変です。そこでワードプレスを使ったホームページ構築を推薦しております。ワードプレスの細かな設定で「魅力あるサイト」に仕上げる方法の紹介です。

サクラサーバーさん

サクラサーバーについて質問がありましたのでごく簡単に説明いたします。sakuraはサクラサーバーさんが顧客に貸し出しているドメインで、通常はサブドメインの形で借りることになります。suemori.sakuraみたいな感じです。この場合だと将来「サクラサーバー」さんが倒産した時にドメインも一緒に使えなくなるのでオリジナルドメインではありません。

だから「suemori.com」みたいにオリジナルドメインを取得するんだよ、みんな。これだと仮にサクラサーバーさんが倒産してもドメイン自体は自分のものだから他のレンタルサーバー屋さんにホームページの内容を引っ越せば良いのです。

今すぐにサクラサーバーが倒産することはないけど、例えば10年先って分かりませんから、せっかく育てたホームページがすべてパーにならないようにドメインも一緒に取得すべきだと私は思います。

ゆえに通常はドメイン代とレンタルサーバー代を合わせて5000円前後(年間費用)掛ける人が多いようです。この場合のドメイン代って管理費みたいな感じでサクラサーバーさんとさらに上部団体に支払います。ドメインという物体があるわけではありませんから。

MASTERWORLD-No1
MASTERWORLD-No2
MASTERWORLD-No3
MASTERWORLD-No4
MASTERWORLD-No5

ワードプレスの設定(覚え書き

最近ワードプレスを利用したサイト構築を進めている。その関係で様々なサーバーにてワードプレスを設定しているのだが、物忘れが激しいためか、それとも面倒な作業が多すぎる為か、どちらにせよ、何かにメモを残していないとすぐに忘れてしまいそうだ。

この様な理由があり、自分で運営するワードプレスに、ワードプレスの設定方法を載せる、という変な循環作業が生まれている。なお、利用するサーバーはXERAと成っており、その中でもサーバー情報に違いが有るので、実際に作業をされる場合には注意が必要です。とくに「MySQL」「PHP」のバージョンは要確認です。

なお、ワードプレスのバージョンアップは頻繁に行われているので、サーバー側の対応が追い付かない場合が多いようです。その場合にはサーバー側のMySQLとPHPのバージョンを確認し、それに対応している古いタイプをダウンロードすれOKです。

目安は下記のとおりですが正確にはこちら「http://goo.gl/Q23bi」をご覧ください。

ワードプレス・MySQLとPHP簡易一覧

バージョン 3.2 系
PHP・バージョン 5.2.4 以上
MySQL バージョン 5.0 以上
バージョン 2.9~3.1 系
PHP バージョン 4.3 以上
MySQL バージョン 4.1.2 以上
バージョン 2.5~2.8 系
PHP バージョン 4.3 以上
MySQL バージョン 4.0 以上[1][1]
バージョン 2.1~2.3 系
PHP バージョン 4.2 以上
MySQL バージョン 4.0 以上
バージョン 2.0.x 系
PHP バージョン 4.2 以上
MySQL バージョン 3.23.23 以上

設定手順

1、借りているサーバ会社のウェブサイトにアクセスし、アカントにログインする。
2、ログイン後、サーバーの登録、管理画面に移動する。
3、MySQLの設定を行い文字コードの指定をunicode(推奨)に変更する。
4、ダウンロードした圧縮ファイルを展開し管理下にあるフォルダに入れておく。
5、ファイル内にあるwp-config-sample.phpをテキストエディタで開き、次の情報を編集する。「データベース名、ユーザー名、パスワード、ホスト名」これらを書き換えた後にファイル名を「wp-config.php」に変更する。
6、FTPなどで、すべてのファイルをアップロードし、完了後にドメイン+/wp-admin/install.phpのページを開きます。その後、パスワードの設定などを終えると、ログインページに移動できます。

ホームページ作成‐思考

ネットビジネスを考えた場合、最低限必要なのはホームページとなる。もちろん今の時代ですので、ブログ(簡易日記型ウェブサイト)とかツイッター、あるいはフェイスブックなど、様々な媒体が有ります。ですがそれらの場合ですと、自分の思った通りのデザイン、機能に仕上げる事は難しく、また将来考え付くであろう検索エンジン対策を施す場合にも、個人では難しくなります。

一番の理由はHTML言語、あるいはCSSファイルに対する知識が育たないからです。もちろんまったくそのようなプログラミング言語を覚える必要がない、と考える方には、必要のない事でしょうし、専門的な分野は専門家に任せる、という経営方針であっても全く問題は起こりません。ですが、専門家に任せるほど、予算に余裕のない場合、あるいは個人でホームページを運営された方が得策な方の場合など、様々なことが考えられます。

ですので、やはり経営者として、ご自身でホームページ作成に関する知識を得た方が特になる場合が多く、仮に専門家に頼むとしても最低限、ホームページが持つ役割を事前に確認された方が良いかと、考えています。世間一般の経営者が「ホームページぐらい持ってないと」なんて言うものだから我が社でも用意しよう、というスタンスでは十分な効果が期待できません。

今の時代ですからたった一人の顧客であっても逃がしたいとは思わないでしょうし、できれば毎日、新規お客様からの問い合わせが見込める方が嬉しいに決まっています。その辺りを考えると、今からの時代に自社のホームページを活用しないという手はありません。ではその知識はどこから入手すれば良いのか?この様にお考えの方は是非私が運営しているウェブサイト「ホームページ作成」をご覧ください。

全く知識のない方でもホームページが出来るように細かく説明をしております。またウェブサイトの運営を始めると必ず突き当たる問題、アクセスアップに関する考え方や、検索エンジン対策(通称SEO)などについても詳しく述べています。もちろんすべての記事は無料で読めますが、基本的に「自社の売り上げを伸ばしたい」とお考えの方には有料となりますが、専門会社を紹介させて頂きます。