カテゴリー別アーカイブ: 3、クリエイターによるPPC集客

ネットを利用して集客をする手段には、主に2種類が有ります。SEOとPPC広告です。もちろんこれ以外にも雑誌などに広告を出稿する、と言った方法等もありますが、このカテゴリーではクリエイターの視点に立って、PPC広告の有効な出稿方法を考えています。

浮気調査の一般的方法

俗に言う探偵事務所が浮気調査を行う際にどのような作業をするのか、ごく簡単にまとめてみた。浮気調査-千葉&大阪のサイトを参考に記事にまとめてみました、暇なら読んでください、携帯電話を自動応答にレベル調子を吸収し他のもののセット・アップにより他の場所から状況を聞く方法。さらにコンクリートのマイクロホン遠くに見る収集音マイクロホンなどは使用されてもよい。

それがここで電話盗聴器と呼ばれそこに「一般的」場合小さなマッチ箱のようなものは想像されるかもしれない。しかし電話盗聴器であると考えられないものも電話盗聴器として使用される。

どのように探索しても電話盗聴器は見つからない。外部は不意に暗くなっている。女性が部屋の電気をつけると電界強度計の針は直ちに揺れる。いくつかの電波がつかまれた。

屋内の軽く叩く音の危険が増加しているので屋内の調査は音を注意深く殺して行なわれる。電話盗聴器は数分の後に寝室から発見される。その盗聴はボーイフレンドから与えられたぬいぐるみへ含まれており最新流行の携帯電話タイプ電話盗聴器であなたが常に好きな場合さらにそれを遮ることができるものだった。

恐らくしかし犯罪者は屋内の光がつけられたのでオブジェクトが帰宅すると考えた。その後スイッチはつけられた。その後にクライアントと話した後損傷の報告書は警察に提出された。またそれは安全に解決の進行になった。解決イメージ

それらが来ると軽く叩く音および浮気の現場を押さえる為の写真(盗撮)写真でそれら自身と関係がないために現在熟慮した多くの指示は考えるがそれは大間違いである。盗聴および浮気の現場を押さえる為の写真(盗撮)写真機械の売上高は毎年であると言われている200,000以上個。

それに関して軽く叩く音の増加写真犯罪をこっそりと動かす毎年増強されている。軽く叩く音は産業スパイだけの話あるいは映画および小説であると思う傾向があるがそれは盗聴および浮気の現場を押さえる為の写真(盗撮)写真機械が付けられている。

今からの時代は自己演出による被リンク獲得ですよ。上級者はみんな同じ方法で稼いでいます。でも、私たちみたいにサイドビジネスという捕らえ方の人はそんなにサーバーを借りられませんよね。だからみんなで協力し合う必要があります。

そのためにはまず。ご自身のメインサイトへのリンクをご自身で演出しないとね。意味が分りましたか?意味が分れば早速行動してください。その上で「建築業」さんと仲良くして、相互リンク、クロスリンク、頂いてください。

これと同じことを「比較」のページでも行い、さらに「焼き芋屋さん比較」と言うページでも行います。ですがこれらの語句を自然に使うのはむずかしいので、メニューとして埋め込めば楽チンです。さらには該当するページでのヒットも狙えますし。

これで基本的な内部構造は終わりです。これらのページの内、稼げないようなページは読まれ難い位置からリンクを出し、稼げるページはクリックしやすい位置からリンクを出します。

あとは個人的に好きなデザインに仕上げればOKです。キーワード出現率を最終調整して、次に外部リンクを作ります。

10年後を見据えたビジネス

最近、(正確には2010年11月16日より)私のネット関連はサイドビジネスからビジネスへとランクアップしました。ですが基本的に経営者としての学問を受けていないので、全くの手探り状態でした。当初は勢いだけで行動をしていましたが、さすがに素人だと失敗続きで、このままだと経営破綻しそうな状況に陥りました。

だからと言って指をくわえて眺めていても明るい将来に進めないので、まだ手の打ちようがある今の段階で、経営に対する考え方をまとめてみました。書き込む内容は個人的な思想でありすべての経営者にあてはまる訳ではないでしょうが、大きなミスをしなければ、と考えています。何か問題点を発見された経営者の方は是非コメントを残していただくと嬉しく思います。

さて本題に移りますが、最近の売り上げが下降気味です。と言うのもネット関連の仕事よりも、経営者として何をすべきか?と考えている時間の方が長くなり、結果的に運営中のウェブサイトの手入れが出てきません。当然売り上げも、真面目に作業をしていないと、落ちてくるな…って感じです。

この点はひとまずおいておき、今一番に必要だと感じていることが、予算の組み方です。予算とはつまり、ネット関連の仕事を企業として運営するからには、年初の時点で「売り上げ予測」と「それに伴う経費の予算」を組む必要があるらしい。だけど最近まで予算なんて考えたことなかったから、売上げは適当に使っていた。 どんぶり勘定と言われてもしょうがないけどこれが実態です。

そして経費を適当に使うと、私が気付かない間に支払いが増えていて、いくら売り上げが増えても、支払う金額が支払い能力を追い越すと、当然の状態として経営が苦しくなる。正直な話し、私の懐具合は、上記のような状況なので「しばらくの間は思い切った作業が出来ない」事に成り、その結果としてサイトの手入れまで考えが回らないという悪循環です。

だからと言って現状を「指をくわえて見ている」訳にもいかないので、予算を含めた今後の予定を真面目に組む必要がありそうです。今までのような「思い付きだけで作業を進める」なんて副業ならまだ許せるかもしれませんが、今は本業ですので、結局は継続したサイト運営、会社運営が出来なければ意味が無い訳ですね。

だから10年先、20年先まで読んだ計画を立てる必要があると考えています。と同時に現段階での問題点をクリアしないと、先に進めない事も間違いなく、時間に余裕がある間に解決しようと考えています。ちなみに自分の考え方を文章として残すと、自分の志向の問題点がまとまるので好きな方法です。また公開する事で責任も発生しますから、みなさまにもお勧めする手法です。

1、ドメインの更新が滞っている……今月から若干予算が組めるので、再来月までには前の状態に戻せそうです。サーバーは現在100基から40基ほどに減らしていますが、来年までは今の状態でやりくりしようと考えています。当然というか会社組織にした時点でさらに増やす予定です。

2、売り上げが年間1000万円を超えそう……要するに消費税の問題で、赤字であっても消費税は支払う必要があり、たとえば999万だと支払いはゼロ円ですが1000万円だと25万ぐらいなので、実質的な収入が975万円と成り逆転現象になる。どうせ払うのなら1,000万は軽く超えるような状況にするべし。

この様な状況になれば、個人経営よりも株式の方が得になるし、消費税も上手にかわすことが出来るので、会社組織を視野に入れての作業が必要となりそうです。となると私一人(正確には一人でもできるが)では手に負えないので、作業を任せられる社員を雇う必要が出てくる。

また10年後を考えた場合、現在の収入が確約されている訳ではないので、新たな収入源となるウェブサイトの立ち上げや、現サイトの維持、あるいは売り上げを確保するための新たな手段も必要となる。このような考え方からも作業を担う社員は必要となるし、万が一私が働けない状態になった場合でも、後継者がいる事に成り、老後も安心できると言う訳ですね。

3、20年後と言えばさすがに老後と言う考え方をすべきだろう、となるとその時点での生活費の確保を考えておく必要がある。だからと言って20年後に今の納涼があるとは考えにくく、実際のところ、現段階で目の老化など、サイト運営、文章の作成などに支障が出始めている。この点から言っても、私の知識を誰かに伝えておく必要がある。

だが、一番に考えていた妻は、どうやらやる気がない感じだし、ネットからの売り上げは特殊な技術だと感じているようだ。また同じ年代と言う問題も残っている。家族と言う点では子供も対象になるが、二人の子供はそれぞれの道を考えて、それらの方向に向かって進みつつある。ゆえに私の跡継ぎになる可能性は極めて低い。

4、売り上げの確保……社員を雇うとなれば、社員の仕事と給料の確保、並びに仕事場(要するに事務所)が必要となる訳で、こればかりはさすがにケチるわけには行きません。と言うよりも安い給料しか望まない人物に、ハイクラスの知識、仕事ができるとは考えにくいので、それなりに支払う必要があるかと考えます。

もちろん単純な作業はそれなりの人に頼みますが、結局のところ後継者を育てることが一番の目的なので、それなりに魅力のある金額は提示しないとね。逆に私が働くのであれば欲しくなるような金額が必要では?と考えています。

5、具体的な仕事内容……現段階で私が出来る事と言えばネットからの集客で、これに関連した内容で、なおかつ広島の地に根付く分野が最適だと考えている。また写真に対する給与、報酬も十分に確保できなければ意味がないので、それなりの利益が確保できる仕事がベストだと思う。これらを含ませたうえで、アフィリエイト方式による広告収入も収入源の柱として位置づけます。