月別アーカイブ: 2011年11月

ツインバードのコーヒーメーカー

子供の友達とその家族がウチに遊びに来ました。ウチは3LDKのマンションでそれほど多くの人数が入るときゅうくつなので、個人的には出来るだけお客さんには来てもらいたくないのですが、子供と妻が勝手にいろいろな約束をしてつれてきます。仕事から帰った時にお客さんがいることもあります。

妻は、普段面倒くさがって、せっかく買ったツインバードのコーヒーメーカーを使わずにインスタントコーヒーを飲んでいますが、このようにお客さんが来たときは、「毎日、このコーヒーを飲んでます」みたいな顔をして「コーヒー淹れましょか?」なんて言ってるのが、見ていて面白いです。

ある時、主人は僕の友人、奥さんは妻の友人という夫婦が子供らを連れて遊びに来たことがありました。この時は、僕も直接の友人がいましたので、全く居場所がなくなるということもなく楽しく過ごせたということがありました。この友人はいろいろとこだわりを持つ友人です。この時も妻は「毎日、このコーヒーを飲んでます」みたいな顔をして「コーヒー淹れましょか?」と。

このツインバードのコーヒーメーカーは全自動・コーヒーメーカーでコーヒーミルが内臓されています。このミルの音が結構大きくて、数秒だけのことなのですが、これだけが難点です。妻はちゃんとこのことについても毎回ふれています。「ちょっと大きな音がするけど、すぐに終わるからね」と。

そして、お客さんからの感想は毎回「美味しい」と。お世辞じゃないと思います。僕も妻が淹れてくれないので、自分で淹れて、たまに飲んでいますが、確かに美味しい。いつ飲んでも美味しいですね。理由はミル付コーヒーメーカーなので、毎回淹れる直前にコーヒー豆を挽くということと、水が美味しいからでしょう。

水はブリタ・浄水器の水を使っています。別の友人宅でアクアクララの水で玉露をいれてもらったことがありますが、これが驚くほど美味しかったので、アクアクララを導入することも考えたのですが、やはり高い。うちには子供が2人いて、このどちらもが友達をよくつれてくるそうです。

そんな子供らがしょっちゅう飲んだらと思うとアクアクララを選ぶことは出来ませんでした。しかし、ブリタの浄水ポットでも充分。かなり水が美味しくなったと思います。また、ツインバードの良いところは、ステンレスサーバーで保温するということです。加熱式の保温方法ではないので、少し時間が経っても温かいままで煮詰まっていることもありません。

美味しいままの状態で2時間くらいは温かいコーヒーを飲むことが出来ます。これもウチに来るお客さんには好評のようです。

かれきゃらは焼き餅

何処からリンクが張ってあり、どんなアンカーテキストからリンクを張っているのか、確認するだけでも大変です。また、最近の中古ドメイン価格を見ていると、とてもじゃないが手を出せれるような価格ではないようです。

確かにページランクだけを追えば、中古ドメインに魅力は有りますが、私の場合検索エンジンからのアクセスがメインですので、中古ドメインでなくてもまったく問題は無い、と考えています。

そして良く考えると「本当に古いドメイン」の方が有利なのか、疑問に思います。10年物のドメインであっても新規ドメインであってもそれほどの差は生じないと思います。まして、現時点でインデックスされていないドメインに価値は無いと、個人的には思います。

お疲れ様です、お子様の相手をすると、楽しいですが、子供の体力について行けない時があり、疲れますよね。私も経験していますので良く分りますけど、大きくなるとまったく相手にされないので本当に今のうちだけです。

タバコは随分と減りました。またまったく「美味しい」とは感じなくなりました。良くタバコを減らして、その後禁煙する、という方法は失敗すると言いますね。私自身その通りだと考えていました。ですが、医師からの治療として禁煙にチャレンジすると減煙→禁煙という方法も有りだと改めて思いました。

もちろん根底に「タバコを辞めたい」という気持ちが無ければ無理だと思いますし、医師が処方する内服薬が無ければ成立しないとも思います。ですが、逆に言えば「タバコを辞めたい」と本気で思えば今までのような「根性論」など不要だと感じています。

本当に自然な形で「タバコが欲しい(吸いたい)」と思うことが減り、同時にすえないことに対する苛立ちも殆んど有りません。この調子なら来週いっぱいで完全に辞めれそうです。

女子島根の完結

これがある種の詐欺です。一番の弱みは電話番号を相手が知っているという点です。嘘だと思えば、実際に申し込んでください。私は申し込んだことはないので絶対とは言えませんが、おそらく同じような状況に陥ります。冷静に判断すればすぐにわかることですよ。

会社の規定により変わりますので、会社でご確認ください。すぐに張っても構いませんが、アクセスが無ければ意味がありません。少々の金額だと「アルバイトではない」のでOKだと思いますが、他からの収入があるとNGになっていると面倒です。

例えば社長が何かの演説会に呼ばれて「謝礼」を頂いていれば、ネットを利用して稼ぐのは問題ないと思いますけど、雇う側は勝手な言い分を言いますし、経営者も都合のよいことしか言いませんからね。

この辺りは臨機応変に、ご自身で判断していただくしか有りません。ちなみにネットからの収入は時間に拘束されないのでアルバイトではありません。ウェブサイトを運営していたらたまたまスポンサーがついただけ、という見方も出来ますし。

はっきりした金額は分りませんが概ね年間30万円位だった記憶があります。100万以下だと税務署も本気では捜査しませんが、何かの時にばれると過去に遡って請求されるので結構な金額になるかもしれません。ただ、それほど深刻に考える必要も有りませんよ。

今までに作成したサイトはそのまま使います。新規に立ち上げないとこれまでの努力が無駄になります。また利益が出なくても無料ですから、そのまま放置しておけばOKです。衛星サイトなど発リンク、被リンク、クロスリンク用に使えますし。

新規のサーバーはご自身で使いやすい企業を選んでください。個人的にはさくらサーバーの方が将来的に使いやすいと思っていますので、勧めただけです。

デトックス・ジュース

インターネットでデトックスについて検索してみるとデトックスティーやデトックススープやデトックス・食材などが検索候補として表示されます。デトックスに興味を持ち始めて、雑誌を読んだり、インターネットの記事を読んだりして自分なりにどのような方法が良いのか考えてみたりしました。

自分なりの結論として、原則としてはデトックスを担う臓器、腸や肝臓などを休ませて元気にさせる、そして、その元気になったところへデトックス効果のある野菜やデトックス・果物などを摂って毒素を排出させるのが良いのではないかと思っています。

その野菜や果物ですが、やはりスープやデトックス・ジュースのような食べやすい、飲みやすい形にしたものが良いように思います。また、野菜にしても、果物にしても生のままの形よりもスープやジュースにした方が大量に摂れるし、消化の負担も小さいので、その方が良いでしょう。

そして、この臓器を休ませるのに一番良さそうな方法としてはプチ断食がベストでしょう。断食をして体が栄養を欲している状態、そしてデトックスを担う臓器も充分に休んで調子の良い状態がベストだと思います。

そんな方法がデトックスの方法としては原則だと思っています。しかし、デトックスティーというのはどうなんだろうと思ってしまうところがあります。デトックスをして毒素が排出されるのは便と尿で95%を占めていますので、便秘はいただけません。

腸の中で発がん性物質を生み出しやすいこともありますので、便秘状態は早急に解決したい問題ではありますが、デトックスティーというのは便秘を解消させるだけのものではないかというイメージがあります。そして、デトックスティーを販売している会社のサイトなどを読んでみると、やはり便秘気味の方を対象とした文章が並んでいます。

便秘解消の為のお茶という意味ならデトックスとは少し違うような気がしますが、インターネットでの検索の候補して並んでくるぐらいなので一般的には問題ないのかもしれません。

便と尿で95%を排出するデトックスですが、このことから考えると汗ではそれほど多くの毒素が排出されないということになります。確かにその通りではありますが、ではサウナや岩盤浴はデトックスについてはそれほど役に立たないのではないかという疑念が起こってきますが、ただのお風呂に入って汗を大量にかくということであれば、それほど役には立っていません。

しかし、岩盤浴はそうでもありません。岩盤浴は遠赤外線効果で体を芯から温めます。肝臓や腸などのデトックスを担う臓器も温めてくれます。温められた臓器は活動が活発になり、大いにデトックスの働きしてくれるようになります。デトックス・岩盤浴は直接汗で毒素を出すわけではありませんが、ちゃんと効果はあります。

やたらべったりの女子事務員

誠に申し訳ないのですが、来週いっぱい作業の進展が見込めません。作業そのものは、始めるとすぐに追いつきますので、そのあたりを計算して、ややや遅めに文章を送ってください。私も一応人間ですし、グーグルも一度に被リンクの増えるサイトに注意を払いますから。

また、グーグルのアルゴリズム、最近色々な噂が出回っていますので、どこに真相が隠されているのか現在、調査中です。そのあたりが判明すれば、安定すると思いますが、グーグルダンスの可能性もありますので、もう少し様子を見てください。

要するにチワワちゃん。さんのサイトが安定しなければ、私のサイトも不安定要素が残っているという意味ですので、そのあたりは真剣に見極めてゆきたいと思っています。

back-1のフォルダを指定すればOKです。フォルダの探し方が少々面倒ですが、色々と探っているうちに分かってくると思います。探しているうちに、色々なことを知り、覚えますので是非ご自身でチャレンジしてください。

どうしても分からない場合には、月曜日にお伝えできますので、とりあえず放置して、その他のWebに必要だと思える(最初ですから下手でも恥ずかしい事はありません)文章を考えて下書きだと思って書いていてください。

あるいは画像をご自身で思う通りに表示できる方法を探ったり、今勉強できる事は山よりも高く、いっぱい有るはずです。それらを一つずつクリアしないと稼げる人には成れない訳ですから時間を有効に使ってください。

FFFTPの設定など、分からない事を無駄に探り過ぎるのは時間の無駄ですから、いま、ご自身で出来る事を考えて、その作業を進める方が、将来役立つと思います。あとでそれらをつなげば済むだけの事ですから。

TDP脱出

昨日「小説の書き方」というサイトがTDPになりました。と書き込みましたが、実際問題として、TDPと言う状態は怖くも何とも無い。事実、暇ならばヤフーで(グーグルではなく)小説の書き方と検索していただければ既にインデックスページが上位に表示されています。

そもそも誰が言い出したのか、分りませんがTDPなんていう症状は、正式なものでありませんで、ある種の症状がたまたまTDP(トップページ・ダウン・ペナルティ)と表現すると説明しやすいから何処かの業者が言いだした表現で、対応策さえ知っていれば怖くも何とも有りません。

ただ、もうそんな知識は不要になると思います。ヤフーがグーグルのデータを使うようになるからで、そうなるとこれまで言われていたTDPと言う症状はなくなると思います。但し今後はグーグル特有のバグみたいな症状に悩まされると思います。

グーグル特有の症状とは、ある日突然検索結果に反映されなくなり、ある日突然復帰するという、何とも悩ましい状況なのですが、これが困った事に何が原因なのか今もってまったく分らない。

もちろん私のサイトでも成った事があります。今日現在「アクセサリー」と検索すれば13位付近に私のホームページが表示されています。このページが一番厄介で表示されたり、表示されなくなったりを繰り返しています。

知人サイト(この場合の知人とはネットを通じて知り合った知人)でも多々起こっており、その度に相談を受けたり、あるいは個人的に勝手に調査したりするのですが、今もって、その要因がつかめておりません。

またどうすれば復帰するのか?これもあまり分っていないのですが、ある日突然復帰します。という訳で、これまでに怪しいと思った要因を幾つか並べておきましょう。

1,アドセンスの上に「広告」などの記述が無い
2,記事の更新を怠っている
3,被リンクが増えない。
4,キーワードの詰め込みすぎ
5,リンクを多量に買っている

とまぁ誰にでも思い当たるような事しか分らないのですが、ヤフーの場合と比較した時、復帰させるのが格段に難しいので、大変と言えば大変です。ですのでまずは陥らない事が重要だと思います。

最近のヤフー動向

今朝の話になりますが、毎日確認しているGRCの順位チェックツールに、ほんの少し(本当に僅かな動きです)ですが異常を見つけました。他の人はどのような基準で自社サイトを管理しているのか分りませんが、私の場合、運営中のHPに対してSEOを施す場合にはビジネスサイト以外でまず試して見ます。

そのために使っているのが、初めて作ったホームページで、現在のタイトルは「小説の書き方」となっています。URLはhttp://homepage2.nifty.com/suemoritakumu/と成っており、未だ無知な頃でしたからオリジナルドメインでは有りません。ですが基本的なSEOやSEMをこのサイトで勉強したので。個人的に強い思い入れのあるHPとなっています。

このサイトは「小説の書き方」あるいは「小説 書き方」と検索すればすぐに見つかりますが、今朝の調査では「小説の書き方」とヤフーで検索した場合に、「http://homepage2.nifty.com/suemoritakumu/abc6.html」の方が先に表示されていました。

この状態は俗に言う「TDP(トップページ・ダウン・ペナルティ)」でして、本来表示されるべきURLではないURL(つまり狙っていないページが表示される)が検索結果に反映されることになり、あまり好ましい状態とは言えないわけですね。ですので多くのサイト運営者の方はTDPを怖がる傾向にあります。

ここで重要な事は「TDP」はまったく怖くない、という点と「TDPから早期に復帰する手段」を知り、その方法が自らの手で施す事が可能になっていないと駄目!! という2点です。特にどうすればTDPからの復帰が出来るのか? という面は熟知していないとネットビジネスを考える上で大きなハンディを背負っていることになります。

という訳で、せっかく神様が与えてくれたTDPですので、この状態から無事に復帰できる方法を施行したいと思います。その上で、この手法をぜひとも皆にも覚えていただきたいと考えます。という訳で本日の記事は終了、文責は末森拓夢でした。